ストレスは溜め過ぎると危険

ストレスを溜めすぎるとうつ病に繋がるというイメージが強いですが、ストレスが原因で起こる病はうつ病だけではありません。ストレスから、喘息などの呼吸器系の病気、狭心症や心筋梗塞などの循環器系、顎関節症、円形脱毛症などさまざまな病気に繋がります。重いものをもったときになりやすい腰痛も実はストレスが原因で発症することもあります。

精神科と心療内科の違い

精神科は心の状態や病気を扱う科

精神科は、心の状態や心の病気を扱っています。心の状態や病気とは、イライラや落ち込みさらには不安などの気分的な症状や幻覚や幻聴、妄想などの精神的な症状、物忘れなどの認知症状、眠れない不眠状態や逆に寝すぎてしまう過眠症などの睡眠症状などの症状を扱う科です。

心療内科は心理的・社会的なことが原因の身体疾患の症状を扱う

心療内科は、心理的・社会的なことから起こる身体疾患の症状を扱う科です。頭痛や胃痛、吐き気、過敏性腸症候群などの症状が心理的なことがきっかけとなっているときに受診してみるべき科です。ストレスを受けている自覚がなくても、身体の不調が続いているときや気になる症状から専門科を受診していても異常が見当たらないときになどは心療内科が担当になるケースも少なくありません。

ストレスチェックをして予防

仕事やプライベートなど現代人のストレスは本人が気づいていなくても溜まっていることが多いためストレスチェックで予防することは大切です。ストレスから精神的な症状が発生し、過労死に繋がってしまうケースもあります。不調を未然に防ぐためにも、ストレス状態を気づくことからはじめることが大切です。

ストレスに関する疑問

女性

同じ業務、同じ環境にいながらストレスの強さが違う人がいるのはなぜですか。

実はストレスを感じやすい行動や考え方には3パターンに分けることができます。ストレスを多く感じる人の特徴は、競争心が高くせっかちな人そして何でも我慢してしまう人です。ストレスを感じにくい人の特徴はマイペースな人です。ミスや十分な成果がでなくても、自分はダメな人間だなどネガティブに考えてしまう人はストレスが多く感じてしまい、次に繋げられるチャンスと捉えることができるポジティブな人はストレスを感じない、ストレスに強い人という特徴があります。

川崎市にある精神科医院を利用しよう

ストレスを溜め込まない!自分に適したストレス解消を探そう

男性

人間関係のストレスが多い

仕事でもプライベートでも、楽しく明るく過ごすためには人間関係が大切です。人間関係が良好のときには、安心感だけでなくときには良い刺激となって日常生活を過ごすことができますが、気遣いやときにはネガティブな感情が生まれやすいのも人間関係です。気遣いが必要過ぎるやプライベートを守れない、誤解から生まれた悪口をいわれてしまうなどさまざまトラブルから人間関係はストレスの原因にもなりやすいため注意しましょう。

ハート

自分に合ったストレス解消法を見つけよう

ストレスを溜めすぎてしまうと心にも体にも大きく負担がかかってしまいます。ところが仕事や日常生活、人間関係などさまざまな要因からストレスを受けています。ストレスを全く受けない生活をすることは難しいため、自分にあった方法を上手に取り入れて、溜めすぎないようにすることが解消するためのコツとなっています。ときには大声を出したり、ゆったりと入浴をしたり、十分睡眠をとったりとさまざま方法でストレス解消することが可能です。自分に合った方法を取り入れて上手にストレスと付き合っていきましょう。

ストレスフリー推進室

まずは溜め込まないことが大事★ストレスで人間関係が悪化する前にサイトをクリック!

浦和で好評な心療内科医院を厳選紹介☆

東京でカウンセラーの利用を検討しているなら必見!

東京で心療内科医院を受診しよう♪

広告募集中